脱出ゲーム開発回想1

   

彼女が喋り始めた時「えっ」と「やっぱり」が同時に頭をよぎった。

しばらくしてから、もうすぐ完成するこのゲームをどうするか考えた。7月いっぱいなら、卒業前に今の仕様のままで間に合う。元々13人全員を組み込んでいるのだから、影響は少ない。でも、また1人…

このゲームを作るきっかけは速報で5期が5人も入り、それを記念した職人さんのイラストを見たことだ。

俺も記念に何かしたい。ゲームなら作れる。逆にゲームしか作れない。1人に票を集中したのが吉か凶か?1人で作るなら、規模と手間から、FLASHで脱出ゲームしかない。何人ランクインする?絵がかけなくてもポリゴンならなんとかなる?順位は上がる?下がる?同じ職人さんのあのイラストをイメージアイテムにして、別の職人さんのあのシールをコレクションアイテムにして…

妄想が広がり、やっと形になりました。

推しも無事ランクインしたし、あさりの卒業前に間に合った。どれだけの方がプレイしてくださるか。そして、組み込んだネタをどれだけ気付いてニヤッとしてくれるか。

まずは遊んでくれる人がいるのか?

 - 開発回想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
脱出ゲーム開発回想2

ここ数日、サイト公開後のアタフタ状態でしたが、やっと少し落ち着きました。 落ち着 …